crossline

▼HTML5

font-size:12px;line-height: 150%;

 

 

 

本当の見栄えが[div]

 

アウトライン構造が[section]

 

 

意味づけのために使われるコンテンツ

”セクショニングコンテンツ”

<article>関係のない記事

※これは危険 あまり使わないように!!

<nav>グローバルナビゲーション

<section>本文

<aside>補足説明

sidebarはsectionがいいから、実質asideではない。

 

classとidは同時につけられる。

 

<body>
<section>
<h1>ページタイトル</h1>
<p>サブタイトル</p>
</section>

<div>
<section class="A" id="A">

<h2>記事タイトル</h2>
<p>記事本体</p>

</section>

<section class="A">

<h2>記事タイトル</h2>
<p>記事本体</p>

<section>
<h3>コラム見出し</h3>
<p>こらむ本文</p>
</section>

</section>
</div>

<article>
<h3>コラム見出し</h3>
<p>コラム本文</p>
</article>

</body>

 

○articleは独立させるもの

例)ブログ記事、コメント、関係のない記事※例えばsectionで<h1>野菜</h1>を書いていて、<article>で<h2>PC</h2>のことを書いていればいい。

sectionの中にいれたら、sectionでまたかこってあげなきゃいけない。

 

○囲むことは、まずdivでclass,idわけて使うこと。

 

 

※とりあえず、sectionはアウトラインを意識すること

これはSEO対策の一番の鍵!!!

広告を非表示にする