crossline

▼JavaScript-swtich文/-for文

font-size:12px;line-height: 150%;

 

 

 

 

 

こんばんわ!!!

 

 

 

 

 

今日は金曜日!!

まさかの木曜日で明日も学校だと思っていたので

なんかラッキーな気分な私です

 

 

最近はプログラミングの授業が多いです。

頭割れそうになりますw

やるのみ。ですね!!

 

 

 

ではさっそく本題。

 

 

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

 

 

 

■switch文■

 

◉値に応じて処理を分岐する

◉( )の値に対するcase文にジャンプし、break分でブロックを抜ける

 

 

例)

switch ( month ){

  case'12':

  case'1':

  case'2':

  ....

}

 

JavaScriptでは、比較演算子で数を表す文字列を比較しようとすると、自動的に数値に変換された上で比較される

 

 

 

 

◉どのcaseの値にも一致しない場合には、『default』へジャンプ

 

 

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">

<head>

<meta charset="UTF-8">

<title>switch文で月を判定する</title>

</head>

 

<body>

<script>

 

function season ( ) {

  month = prompt('月を入力してください','1から12の値で半角数字を入力');

  month = Number (month);

  switch ( month ) {

  case 12:

  case 1:

  case  2:

     document.write ( '<h1>冬です</h1>' );

  break;

 

  case 3:

  case 4:

  case 5:

     document.write ( '</h1>春です</h1>' );

  break;

 

  case 6:

  case 7:

  case 8:

     document.write(' <h1>夏です</h1> ');

  break;

 

  case 9:

  case 10:

  case 11:

     document.write( '<h1>秋です</h1>' ); 

  break;

 

  default:

     document.write( '<h1>1から12の値の入力してください</h1>' );

}

 

 

}

 

</script>

<h1>月別に季節を判別</h1>

<p>ボタンをクリックすると月を入力するウィンドウが表示されます。</p>

<p><button onclick="season ( ) ">月別に季節を判別する</button></p>

 

</body>

</html>

 

 

※通常は『Number関数』(Numberはオブジェクトだが、関数をして扱うことができる)

 

 

 

 

◉繰り返し処理 { i++ }

 

i++を記述

 

 

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">

<head>

<meta charset="UTF-8">

<title>switch文で月を判定する</title>

</head>

 

<body>

<script>

var i = 1;

function ans ( ) {

  switch ( 1 ) {

    case 1:

    alert ( " {ヒント}北海道は県ではありません。 " );

 

 case 2:

    alert( " {東北地方にある県です} " );

    break;

 

    default:

    alert( "答えは岩手県です。" );

}

i++

}

</script>

 

 

<h3>(問題)</h3>

<p>日本で最も面積が大きい県は何県でしょう?</p>

<p><button onclick="ans( ) ">答えを見る</button></p>

 <p>※ボタンのクリックが2回までの間はヒントが表示されます。</br>※ボタンを3回以上クリックすると、答えが表示されます。</p>

</body>

</html>

 

 

 

 

ポイント

 ・ 値に応じて対応するcase文へジャンプする switch文

  ・switch文のブロックを抜けるには、break文を使う

  ・文字列を数値に変換する Number関数

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする