crossline

▼JavaScript/Flash▼

font-size:12px;line-height: 150%;

 

 

JavaScript とは

 

インタプリンタ方式高水準言語(_:1行ずつマシン語に変換しながら実行する コンパイラ方式コンパイラを使ってオブジェクトファイルを作成する)

・オブジェクトスペースへのスクリプト言語(_:小さな意味を伝えようとする/プロ グラミング:大きな意味を伝えようとする)

・ブラウザで動作するように作られたもので、クライアント側で動作する

プログラム言語の分類

・CPUが理解できる機械語と、人間が理解できる高水準言語がある

 

機械語(低級言語)

 ・コンピュータが直接読み取ることができるもの

 ・2進数で表現される文字の列

 

▼高水準言語(高級言語

 ・人間が理解しやすいように設計されているプログラミング言語

 ・命令が英単語をもとに作られている

 ・書かれたプログラム(ソース)を直接コンピュータが処理する訳でなく、コンパイ  ラ orインタープリンタを使用して低級言語に置き換える、という作業が必要

 

 

 

ざっくり言えば、コンピュータは、いろんな計算をしています

 

 

JavaScriptでできること

 

▼ドキュメント操作

  • Webページに文字を表示する
  • 文字や背景の色を指定する
  • Webページを切り替える
  • クッキーの読み書き

▼ウィンドウ

  • 確認ダイアログを表示する
  • 新しいウィンドウを表示する
  • ウィンドウのサイズを指定する

▼イベント

  • ページを読み込むときにメッセージを表示する
  • マウスポインタをのせると色が変わる

▼フォーム

 

 

 

■ブラウザに表示

 

▼”What's UP??”とブラウザに表示させる

『window.』は省略可/表示したい文字列を『’’』で囲む

 

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">

<head>

<meta charset="UTF-8">

<title>JavaScript</title>

</head>

<body>

<script>

  window.document.write('What’s UP?');

</script>

</body>

</html>

 

▼”平成26年は西暦2014年です。”と表示させる

<script>

  var heisei;

  var fullyear;

  var message;

 

  heisei = 26;

  fullyear = heisei + 1988;

  message = '平成' + heisei + '年は西暦' + fullyear + '年です。';

 

  document.write('<h1>' + message + '</h1>');

</script>

 

▼男性、女性を区別する

<script>

  var height;//身長

  var weight;//体重

  var man;//男性かどうか

 

//男性か女性かを入力

  man = confirm('あなたは男性ですか?');

 

//身長を代入

  height = prompt('身長を入力してください'), '半角数字 例180';

  height = parseInt(height);

 

//計算を行う

  if(man) {

  weight = (height - 80)*0.7;

  } else {

  weight = (height - 70)*0.6;

  }

 

//結果を表示する

  document.write('<h1>'+'身長が'+'cmの');

  if(man) {

  document.write('男性の標準体重は');

  } else {

  document.write('女性の標準体重は');

  }

 

  document.write(weight+'kgです'+'</h1>');

</script>

f:id:web-0127:20140315191147j:image

f:id:web-0127:20140315191345j:image

f:id:web-0127:20140315191512j:image

 

 

 

 

 

 
広告を非表示にする